肩こりの原因・解消法まとめ

HOME >>  肩こりを治そう > 肩関節周囲炎について

肩関節周囲炎について

肩こりや痛みがあらわれる症状には色々なものがありますので、セルフチェックとしてその症状について把握しておいてはいかがでしょうか。
まず、肩関節周囲炎と呼ばれるものがあって、これは特に原因もないのに自然に肩に痛みが走ってしまうという症状です。
場合によっては腕が上がらなくなるくらいの痛みになることもあって、老化によって引き起こされることもあります。

肩が上がらなかったり、肩が痛んで眠れない夜がある、さらに動かすたびに痛みが伴う、このような場合はこちらの症状の可能性が高いです。
次に原因についてですが、肩関節周辺の筋や腱、じん帯といった組織が炎症などを起こしてしまった場合に起こってしまいます。
四十肩や五十肩といわれることからもわかるように、年齢を重ねることによってこのような現象が起こりやすくなってしまうのです。

治療法についてですが、早期治療で早期の改善が望めますので、経過観察という手もあるのですが、痛みが酷く辛い場合には医師などに相談して治療にあたってもらうのもよいのではないでしょうか。
医師にかかった場合は、消炎作用のある鎮痛剤を服用しながらの、温熱療法や運動療法といった治療になることが多いようです。

発見のきっかけになるのは、何気ない日常の動作で肩に激痛が走った場合、このようなものになると思いますので、心当たりがあるようならばいつまでも我慢するのではなく、早期に病院に行ってみてはいかがでしょうか。
四十肩などと呼ばれると大したことのない症状に感じるかもしれませんが、なった人にしかわからない辛い痛みの伴う症状でもありますので、決して軽視できる症状とはいえないでしょう。
これは誰にでも起こりうる一般的な症状なので把握しておくとよいです。