肩こりの原因・解消法まとめ

HOME >>  肩こりを治そう > 肩こりと頭痛

肩こりと頭痛

頭痛と肩こりは密接に関係しているといえて、緊張型頭痛と呼ばれるのが肩こりが原因になって発生する頭痛になっています。
こちらの緊張型頭痛に悩まされているという人も多いのではないでしょうか。
また、こちらの症状は頭痛の中でも最もポピュラーな症状として知られていて、原因としては頭から首や肩にかけての筋肉が緊張することによって、血流が悪くなったのが原因です。

また、精神的なストレスが引き金になって発生することもあるようです。
緊張型頭痛の具体的な症状や特徴についてみてみると、こりを伴うことが多い頭痛になります。
さらに、ギリギリと頭を締め付けられるような痛みを覚えたり、ジワーっとした痛み、重い痛みとなる場合が多いようです。

突発的に起こる症状で、だらだらと続くことが多く、持続時間も長いのが特徴となっています。
頭痛の位置としては、後頭部から首筋辺りに感じることが多く、浮遊感やめまいやだるさを訴えるような人もいます。
緊張型の頭痛ですが、肩こりが原因で発生することが多いので、肩こりが発生してしまう原因がそのまま頭痛の原因になっています。

長時間同じ姿勢を続けているのもいけませんし、誤った姿勢からくるものもあります。
眼精疲労が元になっている可能性もあって、眼精疲労も一種の筋肉の緊張です。
細菌はパソコンを利用して作業をすることが多くなり、眼精疲労も大きくなっていますし、同じ姿勢で作業することも増えたので、このような頭痛に悩まされている人も昔に比べてかなり多くなっているのではないでしょうか。
肩こりに連動して起こる頭痛になりますので、肩こりの原因に対処するかたちで同時進行で症状改善に努めたいものです。
早速取り組んでみてはいかがでしょうか。